ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2014年10月14日

Apple Watchはどこまでカスタマイズできるのか?

ちょっと前の記事ですが、maclalala2さんのS1 がすべてを変える:John Gruberという記事が気になっていました。

s1.jpg


「S1」とは、Apple Watchに入っている1チップコンピュータ。
これは単なるチップではなく、コンピュータシステム全体が一つのチップに組み込まれた SiP(System in Package)だ。そこがこれまでとは画期的に異なる点だ。
したがって今後 S1、S2・・・と進化して、そのコンピュータモジュールが交換可能になったらどうなるかというのが Gruber の主張だ。
そうすれば 5000 ドル以上する Apple Watch Edition も、内部のコンピュータ部分を交換するだけで使い続けられ、First Edition(初版)としての価値も保持できる。

なるほど...。

確かに、Apple Watchは、本体のボディのことを「ケース」と呼んでいます。ケースということは、着せ替えできるという意味かもしれません。

もちろんバンドは着せ替え自由だし、ケースは2種類のサイズと3つの材質にそれぞれ2色のカラーの12種類、そして中身のチップと、これらを自由に組み合わせできるのが、Apple Watchなのかもしれません。そうだったらいいなあ。さらに、文字盤も自由自在ですね。


でも、さすがにチップの交換は自分ではできなさそう。Apple Store対応かなぁ。



posted by しゅん爺 at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | Apple Watch




この記事へのコメント
Macはかつて基板交換によるアップグレードが出来たので、Apple Watchがアップグレード可能になるとしたら久々ですね。
Posted by ny at 2014年10月15日 06:17
どこかで、ベルトと本体の組み合わせはとりあえずアップルが決め手の販売と聞きましたが、中身がかえられるとなると、EDITION買っても悔いは回避されれるかな。13万くらいとか50万くらいとか言われたりもしていますが。
Posted by raymkw at 2014年10月22日 10:55

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。