ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2014年09月26日

スローモーションは、iPhoneからどのように出力されるのか?

iOS 8の新機能「タイムラプス」撮影、またiPhone 6では、240fpsのスローモーション撮影が可能なったりと、カメラが楽しくなる機能が、充実してきました。

私も週末タイムラプスしてみました。


先日購入した、スクリーンタープ(スノーピークのメッシュシェルター)を、公園で試し張りしたところをタイムラプス撮影してみました。(顔はYoutubeの機能で消してます)

木の枝にiPhoneを置いて撮影したのですが、途中で落ちてしまったようで...。最後まで気づきませんでした。汗
タープをたたむときに再チャレンジしたのですが、今度はタイムラプスじゃなくて、スローモーションで撮影してしまい、これまた終了まで気づかず...。残念。


で、こっから本題。

iPhoneで撮影したスローモーションは、どこをスローにするか、画面上のタイムバー?で変更できるのですが、これをMacに読み込んだり、iCloudで共有したらどうなるのでしょうか?
IMG_3494.PNG
iPhone 上での表示


まずは、MacにiPhoneを接続して、iPhotoで読み込んでみると...

スクリーンショット 2014-09-25 午後11.05.33.png
撮影情報としては、239.84(≒240)fpsと表示されていますが、再生は、ちゃんとスローでの再生になります。
iPhone上では、スロー再生の区間を指定できましたが、Mac上では、全編スローとなったので、実際には通常のフレームレートのビデオとして保存されているのかもしれません。
サイズがフルHDではなく、1280x720となっていますが、これはiPhoneの仕様のようです。
タイムラプスのつもりで撮ってた、17分間の240fpsは、容量3GB。さすがにデカい...。


次に、iCloudで共有した場合。
IMG_0017.jpg
iCloudでは、iPhoneで設定したスロー区間はスローで、それ以外の区間は、通常速度で再生されました。ただし、区間の編集はできません。


ということで、スローモーションは、iCloudで共有するのがいいですね。パソコンを経由したりして、生データで渡す場合は、全編がスローモーションになるので注意が必要ですね。その分データも大きくなりますし。


タイムラプス撮影には、電源不要の回転雲台「X-Lapse」も、ぜひどうぞ。


「X-Lapse」を探す⇒Amazon楽天



posted by しゅん爺 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone:レビュー




この記事へのコメント

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。