ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2013年12月03日

意外とライバルキラーな「iPhone 5c」。

CNET Japanさんに、「iPhone 5c」購入者、半数は競合ブランドからの乗り換え--Kantar調査という記事が掲載されていました。
スクリーンショット 2013-12-03 23.21.10.png

多くのAppleアナリストやウォッチャーは、同社が真の世界向け低価格版「iPhone」を発売すると予測していた。しかし、契約付きで99ドルから、契約なしの場合は549ドルという価格にもかかわらず、iPhone 5cはこれまでよりも幅広い層のユーザーをAppleにもたらしていることが、Kantarが米国時間12月2日に公開したスマートフォン販売データによって明らかになった。これまでよりも多くの新規顧客が初めてAppleブランドを手にしており、それによって他社のスマートフォンからの顧客流出が増加しているという。

Kantar Worldpanel ComTechの調査によると、iPhone 5sの所有者の80%がiPhoneからの乗換であるのに対して、iPhone 5c所有者のほぼ半数が、特にサムスンやLGといった競合ブランドから乗り換えたユーザーだったとのことです。

サムスンやLGからも、価格的に乗換易いということでしょうか。僅かながら5sよりも安い5cは、それなりに役目を果たしているようですね。
日本では、5sに人気が集中している感じがありますが、海外ではそうでもないのかも。

Kantarの調査データに、各国のスマートフォンシェアが出ていますが、やはり日本のiOSシェアがダントツ。
日本以外では、ほとんどの国で、iOSは前年よりもシェアを落としているのが気になります。イタリアなんか、Windows Phoneにすら負けてる...。



posted by しゅん爺 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone:ニュース・噂




この記事へのコメント

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。