ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2012年05月25日

1時間以上かけて削られるiPadのボディ。

ITmediaさんに、「新しいiPad」 国内版の“中身”を分解して知る という記事が掲載されています。

記事では、第3世代のiPadの中身を改めて紹介しています。
その中で、気になったのがここ。
iPadの筐体はアルミニウムの板を削り出し加工したもので、カマボコ板のように切り出された板を上から削り、ネジ山などを形成する。これは「タッピングマシン」という機械が行っており、ブラザーが主要サプライヤである。タッピングマシンを並べて流れ作業で処理するが、加工には長時間を要し、マシン1台に換算すると24時間駆動させてもiPhoneの筐体で20台程度しか生産できない。大きいiPadは加工に更に時間がかかると思われる。

iPhoneでさえ1台あたり1時間以上もかかるということは、iPadでは一体どれくらい時間がかかるんだろう?
仮にiPhoneが1時間、iPadが2時間とすると、月産iPhone 1000万台、iPad 400万台作るのに、「タッピングマシン」という機械は25000台必要ってことになります。25000台が、ひたすら毎日iPhoneとiPadのボディを削り続けてるってことか...。凄まじいなぁ。

もし、アップルが採用するかもしれないリキッドメタルで、このような加工が不要になるとすれば、生産性が格段にアップしそう。アップルがリキッドメタルを採用するのは、デザインの自由度だけじゃなくて、こういう背景もあるのかも。



posted by しゅん爺 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad




この記事へのコメント

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。