ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2011年09月13日

新デザインは本当か!? 「iPhone 5」用らしいケースを徹底検証。その2

楽天でゲットした、「iPhone 5」用とされているケースの検証その2です。(その1はこちら

iphone5case_07.JPG

このケースから想像される全く新しい「iPhone 5」のデザイン。果たして本当にその様なデザインなのか考えてみます。

・デカいサイズ
iphone5case_02.JPG

中のダミー紙iPhone 5のサイズが幅64mm、高さ122mmと、iPhone 4よりも幅が6.4mm、高さが6.8mm大きくなっています。

iphone5case_08.JPG
このサイズでもグリップ間は悪くありません。しかし、片手で持って、親指で操作できる範囲は狭くなります。

iphone5case_10.JPG
横モードでもiPhoneを深く握ると、画面センター付近はちょっと届きにくい間隔に。大きければ持ち方も自然と対応してしまうのかもしれないけど、いままでのままの持ち方では、やり辛いゲームとかもありそう。

大きな画面は確かに見易いんでしょうが、操作感を大きく変えてしまうかも。想像以上に勇気のいる変更で、ちょっとありえないような気がします。


・消音スイッチの位置変更
これまでのiPhoneでは常に左側面にあった消音スイッチが右側面に移動してる件。
iphone5case_09.JPG

iPhoneを握った状態で、右側面のスイッチを操作できる位置に指をもっていこうとすると、かなりiPhoneの上の方を握らなければならない感じ。ただ、背面に向かう丸みの部分にスイッチが配置されているので、裏から回した人差し指での操作はし易いのかも?


薄過ぎる傾斜デザイン
DSCF2550.JPG
上部から下部に向かって薄くなるデザイン。最薄部はケースの厚さで7mmなので、その中に入るiPhone 5は5mm程度かも。
さすがに薄過ぎる気がします。この辺りには、Dockとホームボタン(タッチ式になるという噂もありますが)を重ねて配置しなきゃ行けないし、噂通りアルミボディだとすれば、それほど薄く加工するのは困難じゃないかなぁ。


と、見て行くと、やはりこのデザインは違うような気がします。でも、ここまで出回って偽物というのも、それはそれでありえないような...。(過去にはiPhone nanoみたいなこともありましたが)
う〜ん謎。おとなしく発表を待つしかないかな...。




posted by しゅん爺 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone




この記事へのコメント

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。