ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2011年06月08日

Lion × iOS 5 × iCloud = 未来!! WWDC基調講演のまとめ。iCloud篇

WWDC2011基調講演のまとめ、ラストはiCloudです。(Lion篇iOS 5篇、基調講演を時系列で追っかけたい方は、こちらもどうぞ。)

overview_title.png

ジョブズ自ら紹介したということからも、力の入れ具合を感じた「iCloud」。噂はいろいろありましたが、果たしてどんなものなのか、振り返ってみます。(正直、今、めっちゃ眠いけど頑張ります...)

iCloudとは何か?

いきなりですが、結局「iCloud」とは何だったのか? かなり乱暴に言っちゃいますと、無料版MobileMe
しかし、MobileMeとiCloudでは、考え方が大きく違います。

MobileMeは、デバイスがあって、そこからMobileMeにデータを同期し、さらに他のデバイスがMobileMeと同期する、というものでいた。
iCloudでは、データは常にクラウドが親。例えば、iPhoneで追加したアドレスデータは、iPhoneではなくクラウドに保存されます(もちろん同時にiPhoneにも保存されてるんですが)。そして、そのデータはクラウドから全てのデバイスに瞬時にワイヤレスでプッシュされる。という仕組み。
スクリーンショット(2011-06-07 23.08.50).png

ちなみに、基調講演では一度も「同期」という言葉はでなかったそうです。「同期」するではなく、クラウドに「保存」されたものが、デバイスに「プッシュ」される。これが「iCloud」の考え方です。



・何を「保存」&「プッシュ」するの?

では、何を「保存」し「プッシュ」するのか?
まず、MbileMeで同期されていた、アドレス帳、メール、カレンダー

さらに、App Store、iBooksで購入したアプリや本も保存されます。「保存」「プッシュ」とはちょっと違いますが、1つのデバイスで購入すると、他のデバイスにも自動的にダウンロードされます。(家族同じアカウントだと怪しげなアプリ買えないなぁ。OFFに設定する事も可能。)

ドキュメントもクラウドに保存されます。iWorkアプリ「Keynote」「Numbers」「Pages」で作成された書類は自動でクラウドに保存されます。

写真もクラウドへ。このサービスには「Photo Stream」と名前がついています。
iOSデバイスで撮影された写真が、クラウドに保存されます。保存されるのは、最新の1000枚で、30日間ですが、MacのiPhotoにプッシュされた写真は、クラウドのデータが消えても残ります。
「Photo Stream」はApple TVからも利用でき、クラウドの保存された写真を大画面で楽しむ事ができます。

音楽もクラウドへ保存しますが、これについては後述します。



・バックアップ機能

「保存」&「プッシュ」とはちょっと違うバックアップ機能もあります。
これは、iOS 5のまとめで紹介した「PC Free」とも関連した機能で、デバイスの充電中に、音楽、アプリ、書籍、写真、ビデオ、着信音などのデバイスの設定、アプリのデータをクラウドの自動保存します。
バックアップされたデータは、デバイスの買い替え時などに、デバイスにダウンロードできるので、パソコンがなくてもデータ、環境の移行が簡単にできます。



・音楽もクラウドへ

iCloudについては、これが一番噂になっていた音楽関係の話し。
噂とおり、iTunesのライブラリをクラウドに保存できます。iTunesで購入した曲をクラウド化できる「iTunes in the Cloud」(無料)というサービスと、CDなどから読み込んだ楽曲の中で、iTunes Storeで販売されているものも、クラウド化できる「iTunes Match」(24.99ドル/年)の2つのサービスがあります。
先行して開始したAmazonの「Cloud Drive」、Googleの「Music Beta by Google」では、実際に楽曲データをアップロードする必要がありますが、iTunes Matchでは、ライブラリをスキャンして、iTunes Storeの楽曲と照合するだけので済みます。また、読み込み時のビットレートに限らず、256kbpsの高音質でダウンロードできるそうです。

残念ながら「iTunes Match」は米国のみでスタート予定。日本はいつだろうなぁ...



・リリース次期、価格

リリースは秋。iOS 5と一緒に登場のようです。価格は無料ですが、MobileMeと同様に追加のストレージ(5GBまで無料)は有料で提供されます。(価格未定)
ちなみに、MobileMeの利用者には返金されます。詳しくは→パッケージ版 MobileMe 返品手続きの詳細



・疑問

まだ発表されたばかりなので、いろいろと疑問があります。

・MobileMeで同期されていた、ユーザ辞書や、メモ、Safariのブックマークは、iCloudではどうなるのか?
・iDiskは? iWorkアプリ以外のアプリは保存できないの?
・iTunes Matchで、iTunes Storeにない楽曲は手動アップロードできるのか?
・日本からの接続速度は?(疑問というより心配...)

特に私が気になってるのは、MobileMeで同期されていた、ユーザ辞書や、メモ、Safariのブックマークは、iCloudではどうなるのか?
ブックマークくらいは対応してもらえそうだけど、何処にも記述がみあたらない。
ただ、iOS 5の新機能紹介では、Reading ListやRemindersは、iCloud対という記述があるので、iCloudページで紹介されていないものでも、ちゃんと対応されているものもあるのかも?


ということで、イマイチ魅力が伝わっていない感じもしますが、MobileMeユーザからすると、すでになくてはならない機能が、さらに機能充実で、しかも無料で提供されるってのは、ほんと夢のような話し。
iOSデバイスユーザ全員が、この恩恵にあずかれることで、またiPhoneもiPadも魅力が一段とアップする事間違いなしです!!

もっとiCloudについて理解したい方は、こちらの記事がおすすめ。
maclalala2 さんの「iCloud の意味するもの
私も参考させていただきました。


サンワダイレクト 折りたたみ式Bluetoothキーボード

 iTunes Store(Japan)


posted by しゅん爺 at 00:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPhone:ニュース・噂




この記事へのコメント
こんにちは。
iCloud、いい機能なのか、よくわかりません。
今まで同期していたけど、自動的にそこに保存?される。
ということは、同期というものは完全になくなって、曲いれるのも、写真をパソコン(Macも)に読み込むのもワイヤレスになったのでしょうか?
iTunesの意味はどうなるのでしょうか…

イマイチそこらへんはっきりしません( ; ; )
Posted by りゅう at 2011年06月08日 09:02

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック