ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2011年02月18日

アダプタ不要でiPhoneがリモコンに!! UnityRemoteを試す。その2

iPhoneやiPod touch、iPadに直接アダプタを取付けずにリモコン化できる「Unity Remote」のレビューその2。(その1

英語に苦しみながらも、いろいろ遊んでいますが、今回は、基本的な設定を見ていきます。

pair_01.jpg pair_03.jpg
まずは、Bluetoothの接続。本体のボタンを長押しすると、LEDがゆっくり点滅しペアリングモードに。

pair_05.jpg pair_07.jpg
環境設定の「Bluetooth」を起動するとすでに認識されてます。
専用アプリUnity|Remoteiconをダウンロードして起動。

screen_02.jpg screen_03.jpg

アプリを起動すると、アシスタントモードでセットアップしていきます(全部英語だけど..)

screen_04.jpg screen_05.jpg
本体を認識したら、名前をつけます。

screen_06.jpg screen_07.jpg
そしてデバイスの登録。まずはメーカをリストから選びます。

screen_08.jpg screen_09.jpg
登録されてるメーカ数がハンパじゃないです。世界中のメーカが登録されてる?
で、うちのテレビはソニー。

screen_10.jpg screen_12.jpg
次に、機器のリストから「Television」を選択。
すると、テレビの前に本体を置けとのこと。

pair_09.jpg pair_10.jpg
言われた通りにすると、テレビに信号が送られ、テレビの電源が切れました。
テスト信号を送って、ちゃんと動作するかテストしたわけですね。これで登録完了です。

screen_15.jpg screen_39.jpg
同様にシャープのBlurayも設定。リモコンモードに切替えると、デバイスを切替えて使えるようになります。

screen_28.jpg screen_29.jpg
デフォルトではこんな感じのボタンとレイアウト(テレビの場合)。
L5remote程のカスタマイズはできませんが、ホーム画面のように左右にフリックで、他のボタンに切替えたり、ボタンの配置を入れかえたりできます。

とりあえず、こんな感じ一通りのことはできるようになります。
起動すれば、すぐ使えてとても快適。やっぱりアダプタ無しはいいですね。

次回は、学習機能やマクロについても見ていきます。


アダプタありのL5 remoteレビューはこちら
基本編カスタマイズ編マクロ機能編保存・共有編


「Unity Remote」を探す⇒Vintage ComputerAmazon楽天




posted by しゅん爺 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone:周辺機器




この記事へのコメント

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。