ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2010年12月26日

容量無制限オンラインストレージ「SafeSync」を試す。普通編

トレンドマイクロさんの容量無制限のオンラインストレージサービス「トレンドマイクロ オンラインストレージ SafeSyncの使用レポその3。(準備編同期編
「無制限」という超太っ腹なサービスは、実際どれくらい使えるのか? 私も手探りの状態ですが、ちょっとずつご紹介していきます。

前回書きました通り、(私なりの解釈として)SafeSyncには、2つデータの保存方法があるようです。
1つは、普通にデータをアップロードする方法。もう1つは、同期するという方法です。今回は普通にアップロードする方法を見てきます。

同期も便利な機能ですが、私がメインに考えている過去のデータのバックアップ用途(ローカルには残さずに、オンライン上にデータを移してしまいたい。同期だとローカルを消すと、オンラインのデータも消えてしまう。)としては、今回紹介する通常のデータのアップロードを使うことになると思います。

これまでは、SafeSyncの操作ウインドウから操作してきましたが、今回はWebからオンラインストレージにアクセスして、操作します。

スクリーンショット(2010-12-19 15.37.15).png
画面左上のアイコン群の中にある(Winの場合は右下)、SafeSyncアイコンから「オンラインストレージを開く...」を選びます。

スクリーンショット(2010-12-19 15.43.17).png
このウインドウが、オンラインストレージのデータを管理するところです。(ブラウザでアクセスします。これまで使っていた操作ウインドウは、状況の確認や設定などを行うもの)
ここに表示されているアイコンが、現在オンラインストレージに保存されてるデータになります。
webなのでiPhoneからでもアクセス可能。iPhone用のレイアウトに変更されます。詳細は、またじっくり。

スクリーンショット(2010-12-18 1.58.58).png
ウインドウ左にある「新しいフォルダを作成」から、アップロードするファイルを保存するフォルダを作成したりできます。

スクリーンショット(2010-12-18 1.59.09).png
今回は、デジカメのデータをバックアップしてみるので、「デジカメバックアップ」とします。

スクリーンショット(2010-12-18 1.59.55).png
作成したフォルダを選択して、左下の「ここにファイルをドラッグ&ドロップ」のスペースにファイルを入れれば、アップロードが開始されます。

スクリーンショット(2010-12-18 2.00.32).png
今回はこのフォルダをアップロードします。写真データが12GBもありますが大丈夫かなぁ...。

スクリーンショット(2010-12-18 7.32.09).png
...で、夜アップロードを開始して、朝の時点でまだこんだけ...。こんなにでかいデータをアップロードしたことはないけど、ちょっと遅くないか?

スクリーンショット(2010-12-18 2.04.48).png
遅いと思ったら、速度制限設定しちゃってた。大量データ転送時は設定注意。無制限に設定にして、寝ましょう。
無制限なら、4Mbpsとか出てます。

さらに半日ほど経って3GBくらいまでいったところで...
スクリーンショット(2010-12-18 13.43.57).png
うそ〜ん!! ありえへん...。
おそらく何らかの理由でネットの接続が切れたみたい。

オンラインストレージ上のファイルを確認したところ、3GB分は確かにアップされていましたが、大量にある写真データの、どこまでがアップロードできて、何処からができてないのかが分からず、結局全部再アップするしかなさそうです...。トホホ。

大量のデータアップロードには、このようなに失敗する危険性もあるので、私が考える解決策としては...
 ・前回紹介した様に、フォルダの同期機能でローカルとオンラインに同じフォルダを作る。
 (同期なら、ネットが切れて止まっても、再接続されたときに再び同期が始まる。)
 ・一通り同期したところで、同期設定を解除する。
これで、ローカルのデータを削除しても、オンライン上のデータは残り、バックアップの完成となるはずです。

ちょっと注意は必要ですが、設定さえちゃんすれば使えそうです。
年末ですし、今年のデータは、今年のうちにバックアップを。


さて、次回はMac標準のバックアップ機能「Time Machine」との連携を考えてみます。



posted by しゅん爺 at 22:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | Mac




この記事へのコメント
私も少し前に試してみたんですけど、速度は本当に遅いですよね。。。(たしか1Mbps程度しかでなかった)。

これだと、無制限でも結局さほど使わずに終わりそうです。
まぁ、だからこそこんな無茶なサービスが出来るのかもしれませんが。

ちなみに、ブラウザを経由させなくとも、SafeSyncへのアップロードはFinderからも可能でした〜。
Posted by _・) at 2010年12月27日 00:22
iPhoneアプリも出てるみたいですね。こないだPCが壊れて写真が消えてしまったので、レビューみて検討してみようとおもってます。
手動でDVDにバックアップしてたので大惨事はまぬがれましたが。。
Posted by ryo at 2010年12月27日 08:37
4〜5日ほどかけて、240GBの写真データーをアップしました(^ ^;)
僕のところでは平均3.5Mbps?の速度が出ていました。
早い時は5Mbpsを超えてました。
これでHDDが逝ってしまっても一安心!

これだけの容量になるとメディアにバックアップも大変なので無制限のストレージは大変助かります。

と思いましたが、これだけのデーターをダウンロードするのも大変そうですね(^ ^;)
Posted by cazz at 2010年12月28日 02:26

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。