ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2010年05月27日

こりゃ神アプリ!! iPadをMacのディスプレイにしちゃうアプリ登場。

App Storeiconに、iPadをMacのワイヤレスディスプレイにしちゃうアプリAir Displayiconが登場していました。

airdis_2.jpg

ちょっと段違いになっていますが、iPhone FAN (^_^)vが股がって表示されています。こりゃインパクトあるアプリだなぁ。

なるほど、大画面のiPadならこんなこともできちゃいますか。
1200円と、ちとお高めですが、即ポチです。

iPadにインストールしたら、今度はこちらからMacに専用ソフトをダウンロード。

スクリーンショット(2010-05-26 22.25.24).png


そしてインストール。
スクリーンショット(2010-05-26 23.02.58).pngスクリーンショット(2010-05-26 23.25.18).png
インストールすると、Macのシステム環境設定にAir Displayの項目が追加されます。

後は、iPad側でもアプリを起動して、Mac側から選択するしてやれば、ワイヤレスディスプレイ化完了!! 簡単です。

airdis_1.jpg

iPadの背景は、Mac標準の銀河(オーロラ?)風のもの。いまのところ、変更は効かないみたい。

airdis_7.jpg

いろいろ用途はありますが、とりあえずtwtterのタイムラインを流したり、

写真.jpg

ワンセグを流したり。それなりに大きな画面なので、どっちも一変にやってもいいなぁ。

有線のディスプレとは違い、画面を圧縮している様で、若干ジャギーがでますが、静止していると、画質が一瞬で回復するので、文字を読んだりするのにも苦にりません。動きは「通常のWi-Fiネットワークでは1秒につき100フレーム以上」とのことで、十分でしょう。


airdis_3.jpg airdis_4.jpg

しかも、ただ表示するだけではありません。タッチで操作できちゃうんです!!
カーソルを指で操作できます。リンクのクリックや、ドラッグ&ドロップはできました。でも、ダブルクリックはだめみたい。


最初の画像でわかるように、Macの画面とiPadの画面は繋がっているわけですが、Exposéでタイル表示させるとどうなるのか...
airdis_6.jpg

ご覧のように、iPadはiPadでウインドウを整列させます。股がっているウインドウは沢山面積がかかっている方に、行くみたい。


では、Spacesでは、iPadの画面はどうなるのか?

スクリーンショット(2010-05-27 0.04.36).png

ご覧の様に、各画面にiPadがくっ付いています。ですので、スペースを切替えると、iPadの画面も切り替わります。

airdis_5.jpg

ウインドウだけじゃなくて、フォルダやファイルだって置けます。でも、iPad上に置いたファイルは、接続を切ると何処へ行ってしまうのか?
やってみると、元あったMacの上の位置に戻ってきました。賢い。

airdis_8.jpg

iPhoneからMacを操作するアプリ「Air Mouseicon」を組み合わせれば、iPhoneでiPadを操作してる感覚。こりゃ楽しい!!


iMacの横に背表紙?向けて立てかけられていた、我がiPadですが、これで活躍の場が増えそうです。
こんなのiPadの本当使い方じゃない!! って言う方もいらっしゃるかもしれませんが、何でもできて、それを自分に合わせて自由に使うのがiPad。こんなのもありだと思います。(もちろん、ず〜っとこうして置く訳じゃないし。)


 iTunes Store(Japan)


posted by しゅん爺 at 01:50 | Comment(5) | TrackBack(0) | iPad:アプリ




この記事へのコメント
初めまして、いつも楽しい情報ありがとうございます。
質問ですがAir Displayを使ってipadでのflashの操作はどんな感じですか?ちゃんと操作できますか?
Posted by taka at 2010年05月27日 09:48
出てきたのは、iPhoneのみの段階だったと思います。
iPhoneサイズだと、ブラウザでのtwitter画面を出しておくのが、割と便利ですね。iPhoneアプリでは無いけどMacでのtwitterクライアントを表示できる、という利点もあります。

あとは、時計やカレンダー系を表示しておくと、意外と便利です。ただ、常時点灯になるので、充電するついでにちょっと表示、という程度にしないと、iPhoneはバッテリが持ちませんが…。

そのあたりが、iPadならバッテリの大きいので良いかもしれません。
Posted by あやつき at 2010年05月27日 11:56
takaさん
フラッシュはもちろん動きまし、タッチもできます。ただMacの画面を映しているだけなので。

あやつきさん
iPhone版もあったんですね。両方同時に繋がったりするのかな?
Posted by しゅん爺 at 2010年05月28日 01:10
動画の再生でコマ落ちとかは無いでしょうか?
Posted by ねるる at 2010年05月29日 05:06
ねるるさん
通信速度次第だと思いますが、室内で、しかもMacの隣に置きますから、コマ落ちはないと思います。
ただし、本文中にもある通り、静止したい画像は、ジャギーがでます。もともと画質の高くないワンセグを、さらにiPadに映すと、さらに画質は悪くなります。
Posted by しゅん爺 at 2010年05月29日 10:02

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。