ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2009年07月24日

iPhoneでインターバル撮影に挑戦!! その3 ムービー作成編

iPhoneでのインターバル写真に挑戦するこのシリーズ。
 その1:カメラホルダー編
 その2:インターバル撮影アプリ「TimeLapse」編

今回は最終回、ムービー作成編です。
iPhotoとiMovieを使って、撮影したインバーバル画像をムービー化してみます。

前回TimeLapseiconで、撮影までしましたが、このアプリ自体は、インターバル撮影するためのアプリなので、その写真をムービー化することはできません。
(もしかしたら、そういうアプリもあるかもしれません。)

カメラロールを見てみると、右の様な感じで、ひたすら写真が並んでいるだけ。

これをMacに読み込んで、ムービー化してみます。
いろいろ方法はあると思いますが、今回はMacの標準アプリ、iPhotoとiMovieを使ってやってみました。
(もっと効率のよい方法や、便利なソフトがあれば教えてくださ〜い。)


まず、写真をiPhotoに読み込みます。(iPhoneをMacに繋げて、iPhotoを起動すれば、簡単にできますので、説明はしょります。)

inta-baru_01.jpg

読み込んだ画像を選択。(今回は200枚でやってみます。)


rrrrrrrr5.png
選択したら、ファイルメニューから、「選択した項目から新規アルバム」を選択して、アルバムを作ります。


次はiMovie。

inta-baru_11.jpg

新規プロジェクトを作成。


imoviiiii1_1.jpg

右中程にあるカメラのアイコンをクリックして、iPhotoのライブラリを呼び出し、先ほど作成したアルバムを、ドラッグ&ドロップでプロジェクト(左上)へもってくる。


imoviiiii1_2.jpg

すべての画像を選択し(command+A)、どの画像からでもいいので、歯車マークメニューの「クリップ調整」を選択。


imoviiiii1_3.jpg
「継続時間」を任意の値に変更.今回は、0.1秒で。「すべての静止画に適用」をチェック。

先ほどと同様に、歯車マークメニューから、「切り取り、ken Burns、および回転」を選択。


imoviiiii1_4.jpg

右上の編集画面で「全体表示」クリック。

これで、完了。再生してみください。再生の速度がイマイチなら、「継続時間」を調整してみてください。
もし、最速の0.1秒でも再生がゆっくり過ぎると感じる場合は...


inta-baru_14.jpg

一旦書き出して、再度プロジェクトに読み込み、ムービーをダブルクリックして、インスペクタを表示。「速度」を調整してみてください。


inta-baru_16.jpg

最後に、書き出し。
「共有」から「ムービーを書き出す」か「QuickTimeを使用して書き出す」。


これで、完了です。こちらが完成品。


う〜ん、被写体がいまいち?空はどんより。やっぱりこの手の画像に、電柱や屋根は似合いませんね。もっと大自然な被写体が欲しい。
撮影間隔が1分だったのですが、ちょっとギコチナイ感じもしますね。30秒くらいがよかったかしれません。
でも、iPhoneだけでこんなことができちゃうのは、ちょっと感動です。


今回は、約3時間半、200枚の画像を25秒にまとめました。
3時間半の撮影で、消費したバッテリは20〜30%くらいだったので(明るさ設定は0%、3GもWi-FiもOFF)、1日撮影とかなると、外付けバッテリか、可能であればコンセントに繋げた方がいいと思います。

もうちょっと試してみたいこともあるので、また記事にするかもしれません。





posted by しゅん爺 at 22:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | iPhone:レビュー




この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています。

日蝕とか撮ったら面白かったかもですね〜
Posted by 傍観者 at 2009年07月25日 00:20
自分はQuickTimeでやりました。
たぶんですがiPhotoとiMovie使うよりは楽かと…
やり方はQuickTime立ち上げて
ファイルメニューで「イメージシーケンスを開く」を選択。
これで連続した画像の一番最初のファイルを指定すれば
後は勝手につなげてくれます。
その時にフレームレートの設定も出来ますので
1秒あたりのフレームも決められるので
流れをある程度自由にいじる事も可能です。
Posted by JMV at 2009年07月25日 08:39
いろんな情報が載っていて助かります〜。
これからもがんばってください!
Posted by ありす at 2009年07月25日 09:31
カーナビアプリ「全力案内」がバージョンアップしました
改善はアプリの横向きで起動可能
ipodで曲を聴きながらでも起動が可能
地図の改善など
http://iphone-pc.seesaa.net/
Posted by chcha at 2009年07月25日 12:02
傍観者さん
考えたんですけどね。天気予報と、グラスがなかったのであきらめました。

JMVさん
なんと、QTだけでも簡単にできるんですね。今度試してみます。

ありすさん
ありがとうございます。がんばりま〜す。

chchaさん
情報ありがとうございます。
やっぱりカーナビは横長かな。今度試してみます。
Posted by しゅん爺 at 2009年07月28日 07:22

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。