ブログ移転のお知らせ

ブログ「iPhone+iPad FAN (^_^)v」は、2007年より、10年間Seesaa blogにて運営しておりましたが、この度、新サイトに移行しました。

新URL:http://iphonefan.net/
新RSS:http://feeds.feedburner.com/iphoneipadfan


rogo.png
10秒後に、新サイトへ自動的にジャンプします。

サイトは一新しましたが、これまで通り、アップルな話題をお届けしていきます!!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。




2008年07月01日

「片手でiPhone」を考える。その2 「ロック解除」

iPhone 3Gが如何にすれば、片手でも快適に使えるかを考えるこのシリーズ。

第2回は、「ロック解除」について。
(私は、左手で電話を操作するので、右手でされる方は、またちょっと違ってくるかも。)

070618_2.jpg「ロック解除」とは、iPhoneのスリープ状態を解除する操作。

スリープ中に、本体右上のスリープボタンか、ディスプレイ下のホームボタンを押すと「ロック解除」(写真は英語版ので「slide to unlock」。かっこいいので、こっちの方が好き..)と書かれたスライダが表示されます。これを指で右に動かすことにより、スリープ状態が解除されます(その1のビデオを参照)。

しばらく操作をしないと自動的にスリープ状態となりますので、ポケットやケースから出した時には、毎回この操作をすることになります。


SANY1213.JPG私のテストによると、ポケットからiPhoneを取り出した時の持ち方はこんな感じ。全体をしっかりと支えた状態です。

この状態から、スリープ解除の為、画面の左下角まで、指を動かすのが結構面倒。画面の右上と左下は最も指が届きにくい死角なんです。

SANY1217.JPG SANY1218.JPG

さらに、右下から左下へスライド(ドラッグ)させるのですが、これがまたやり辛い。いったん死角である左下に指を持って行く為に、手全体がiPhoneを若干右に(無意識に)ずらそうとします。その状態から右下端に行くには、また手全体を動かさないといけません。


このやり辛い操作も、もっとスムーズにしたい。そこで、こんなのは、どうでしょうか。
onehandeiphone.jpg onehandeiphone02.jpg

例えばこんな感じで、ロック解除スライダを中心付近にもってこれれば、スムーズに解除できそう。欲を言えば、自由な場所に設定できるとか...。
すでに、スライダの画像を変更するハックはあるようですが、こういうことはできなのかなぁ。

しょうもない事ですが、おそらくこの「ロック解除」操作は、1日に何十回もすることになるはず。こういう細かい改善が使い勝手に響いてくると思います。(そんなことが気になるならiPhone使うな!! なんて、言わないでね...)

Apple Store(Japan) ウィルコムストア サウンドドックシリーズ


posted by しゅん爺 at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone




この記事へのコメント
これはいいアイデアですね!
現状では、要脱獄ですが、ロック解除を指紋認証「っぽく」するアプリならあります。これは、反応が良くて、デフォよりスライド量が少ないので、少しは楽になるかな。
Posted by at 2008年07月02日 20:07
おお!!でも壁紙が見えない。。。

Posted by 92 at 2008年07月03日 00:41

多数のコメントいただいており、1つ1つに返答できない場合があります。
ごめんなさい。m(_ _)m

投稿から表示までに時間がかかる場合があります。2重投稿にご注意ください。

記事の内容に限らず、iPhoneのバージョンアップや注目アプリ、新製品の登場などタイムリーな情報を、コメントで教えていただけると助かります。
すべては無理ですが、気になる情報は記事にさせていただきます。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。